東アフリカ、LNGで台頭 日本企業に恩恵も

2019/8/31 22:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東アフリカが液化天然ガス(LNG)の一大輸出拠点として台頭しつつある。先行するモザンビークでは2つのプロジェクトが建設中だ。来日したマレイアーネ経済・財務相は、計画中の3つ目のプロジェクトについて「2020年1~3月にも投資決定をする」と明言した。隣国タンザニアでも開発計画がある。東アフリカは中東やオーストラリアなどに続くLNG生産地域として注目され、日本の調達にも影響を与えそうだ。

モザンビー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]