進化する災害食、「食べながら備蓄」 日清食品など

2019/9/1 3:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月1日の防災の日を控え、地震など自然災害に備える備蓄食が進化している。日清食品がカップ麺を定期的に宅配するサービスを始めるなど、賞味期限が近づいた備蓄品を食べながら買い足す「ローリングストック」を促す取り組みが拡大する。液体ミルクも認知され裾野が広がってきた。防災に果たす企業の役割が増している。

日清食品は2日、「カップヌードル ローリングストックセット」のネット販売を始める。カップ麺やカップ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]