日本企業、生産移管へ試行錯誤 対中関税「第4弾」
ユニクロ、東南アで代替 米店頭価格への転嫁検討

2019/8/31 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国による中国向けの制裁関税「第4弾」が1日に発動するなか、関連する日本企業も生産移管などの対応を急ピッチで進めている。新たに衣料品や時計など身近な製品が対象となる。一方、移管コストや手間が発生するほか、必ずしも円滑に価格転嫁できないケースも出てきそうだ。

9月1日に米国が新たに発動する対中制裁関税は衣料品や複合機、スマートウオッチなど3243品目が対象で、15%の追加関税を課す。さらに10月に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]