/

この記事は会員限定です

日本企業、生産移管へ試行錯誤 対中関税「第4弾」

ユニクロ、東南アで代替 米店頭価格への転嫁検討

[有料会員限定]

米国による中国向けの制裁関税「第4弾」が1日に発動するなか、関連する日本企業も生産移管などの対応を急ピッチで進めている。新たに衣料品や時計など身近な製品が対象となる。一方、移管コストや手間が発生するほか、必ずしも円滑に価格転嫁できないケースも出てきそうだ。

9月1日に米国が新たに発動する対中制裁関税は衣料品や複合機、スマートウオッチなど3243品目が対象で、15%の追加関税を課す。さらに10月には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1288文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン