安倍人事、高齢化・女性減の傾向 内閣改造9月中旬にも実施

2019/9/1 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は9月中旬にも内閣改造・自民党役員人事を実施する。「安定と挑戦の強力な布陣」の実現をめざして人事構想を練る。2012年12月に政権を握って以来、組閣や改造は9回目だ。最初の組閣時と比べてみると、閣僚が高齢化し、女性が減っているなどの傾向がうかがえる。

首相は30日、自民党の岸田文雄政調会長と首相官邸で約15分、会談した。この後、記者団から人事の話をしたかを聞かれた岸田氏は「いろいろな…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]