/

この記事は会員限定です

都内飲食店 店内禁煙か喫煙か、9月から掲示義務化

[有料会員限定]

受動喫煙の防止に向け東京都内の飲食店は9月から、店内が禁煙か喫煙かを示すステッカーなど標識の掲示が義務づけられた。都の受動喫煙防止条例に基づく段階的な規制で、飲食店はたばこの健康被害を懸念する来店客に配慮する。多くの飲食店は条例施行前に掲示に取り組んだ。

中央区の商業施設「コレド室町2」内で主に日本酒を提供する「八海山 千年こうじや」は8月31日、店頭に禁煙を示すステッカーを張り出した。尾身修店長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン