/

この記事は会員限定です

昼間人口3分の2に G20で咲洲、厳戒態勢で休業相次ぐ

[有料会員限定]

6月に大阪市で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、会場のある人工島・咲洲(さきしま)の昼間人口が普段の3分の2に減っていたことが、民間のデータ分析で分かった。テロ対策で周辺が厳戒態勢となったため休業する事業所が相次ぎ、人の流入が抑制されたとみられる。(島田直哉)

ソフトバンクのグループでデータ分析を手がけるアグープ(東京・渋谷)が携帯電話の位置情報を基に推計した。

G20では咲洲にある国際展示...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン