/

この記事は会員限定です

ふるさと納税、お金以外募る 不要楽器や余剰電力

[有料会員限定]

ふるさと納税でお金以外の寄付を募る自治体が広がっている。三重県いなべ市などは使わなくなった楽器の寄付を受け、学校の部活動に生かす取り組みを始めた。家庭の余剰電力を寄付できる仕組みも今秋から始まる。過度な返礼競争を抑える新制度が6月に始まり、効果的な寄付集めの手法に知恵を絞る。

埼玉県北本市は7月、サックスなど家庭で眠る楽器の寄付を受け付け始めた。公立中学校の吹奏楽部で使う。連携する中古品業者が価値...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン