/

環境保護活動家グレタさん、国連前の抗議集会に参加

【ニューヨーク=関根沙羅】スウェーデンの高校生で、環境保護活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)は30日、ニューヨークの国連本部前で開かれた抗議集会に参加した。国連総会のエスピノサ議長とも面会し、9月23日に開かれる国連気候行動サミットで、各国の代表が気候変動問題に対して行動を取るよう求めた。

トゥンベリさんは、1年前に毎週金曜日に学校を休んで議会前で気候変動への積極的な政策を求めるストライキを始めた。「未来のための金曜日」と呼ぶストは世界の若者に広がった。30日の集会には学生など数百人が参加し、「地球は死にかけている。(気候変動を)否定するのは辞めよう」などとシュプレヒコールを上げた。

集会後、トゥンベリさんは国連総会のエスピノサ議長とも面会し、「意志があれば(国連気候行動サミットは)変化をもたらす転換点になると信じている」と伝えたという。

トゥンベリさんは国連気候行動サミットに参加するため、温暖化ガスの排出量を抑えたヨットで英国をたち、15日間の航海を経て28日にニューヨークに到着していた。

国連本部前での集会に参加したアルミー・バーティスさん(21)は「将来、自分の子ども世代が安全な環境に住めるよう今から行動を取らなければならない」とし、トゥンベリさんの行動で気候変動問題への関心が高まり、政府レベルの行動につながることを期待していると話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン