ハリケーン、2日にも米フロリダ上陸か 非常事態宣言

北米
社会・くらし
2019/8/31 6:28
保存
共有
印刷
その他

ハリケーン「ドリアン」の上陸に備えて土のうを積む地元住民ら(30日、米フロリダ州)=ロイター

ハリケーン「ドリアン」の上陸に備えて土のうを積む地元住民ら(30日、米フロリダ州)=ロイター

【ニューヨーク=高橋そら】大西洋上で勢力を強める大型ハリケーン「ドリアン」が9月2日にも米東海岸に上陸する見通しだ。米気象当局によると、ドリアンは5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」まで発達。トランプ米大統領は30日、被害が予想される米南東部フロリダ州に非常事態宣言を出し、住民に警戒を呼びかけた。

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ドリアンは米東部時間の30日夜時点で最大風速が毎秒58メートルを超える「カテゴリー4」に発達し、米フロリダ州沖をゆっくりと北西に向かって進んでいる。今後、フロリダ州やジョージア州付近を通過するとみられる。

ドリアンが上陸すれば広い範囲で建物が洪水や浸水の被害に遭う可能性がある。トランプ氏は30日、ツイッターに動画を投稿し「(ドリアンは)まぎれもない怪物になる可能性があるようだ」と述べ、食料と水がフロリダ州に輸送されていることを明らかにした。米連邦緊急事態管理局(FEMA)の捜索・救助チームも待機しているという。トランプ氏はドリアンの接近を受け、予定していたポーランド訪問を中止した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]