台湾などの船舶会社が「瀬取り」関与、米財務省が制裁

北朝鮮
2019/8/31 5:37
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】米財務省は30日、北朝鮮が海上で物資を積み替える「瀬取り」に関与したとして、台湾の船舶会社2社とその幹部ら2人、香港の船舶会社1社を制裁対象に指定したと発表した。対象となる企業や個人の米国内の資産や利益は凍結され、米国人との取引、米国内での取引が禁止される。

米朝協議が進まないなか、米国は制裁を維持する構えを見せる(6月、韓国)=朝鮮中央通信・ロイター

財務省の発表によると、同幹部らは2018年、170万リットルの石油精製品を瀬取りによって北朝鮮の船舶に供給したという。マンデルカー財務次官は声明で「財務省は違法な瀬取りに関わる個人、団体、船に対して、米国並びに国連の制裁を実施していく」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]