外国人の家事代行、来日進まず 短い「在留3年」が壁

2019/8/30 23:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

家事代行に従事する外国人の来日が進まない。国家戦略特区制度を活用して、永住権を持たない外国人による家事代行サービスがスタートしてから2年半。家事代行サービス大手は2021年度までに合計3千人強を受け入れる計画だったが、在留期間の短さなどが障害になり、現在来日している人数は約950人にとどまっている。

「せっかく日本に慣れてきたし、笑顔で接してくれるお客様も多いので、もっと働いていたい」。家事代行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]