タワマン住民ら在宅避難に備え 意識向上に課題も

2019/9/1 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タワーマンション(タワマン)の住民が災害への備えを進めている。タワマンは地震に強いとされ、自治体は住民に自宅での避難を呼びかけるが、停電や断水に見舞われた状況でエレベーターが動かなければ、特に高層階の住民は水や食料の調達が困難になる。1日は「防災の日」。ライフライン途絶という事態に向け、住民らは自らを守るために知恵を絞る。

1983年から横浜市臨海部に整備された「みなとみらい地区」。オフィスビル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]