岡山バス論争 どこに 両備「認可取り消しを」地裁却下

2019/8/30 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山県を中心にバス事業を手掛ける両備グループ(岡山市)が、低運賃のバス事業者の競合路線への認可に不備があるとして国に取り消しを求めた訴訟の判決で東京地裁は30日、訴訟を起こす資格がないとして訴えを却下した。同路線は運行開始から約1年4カ月が経過し、両備の減収にもつながった。双方のバスが競合する状態は当面、続くことになりそうだ。

焦点となったのは、岡山市の中心部と東部を結ぶ低運賃循環バス「めぐりん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]