/

この記事は会員限定です

原油相場、拭えぬ下げ機運 減産より需要減に関心

[有料会員限定]

原油相場の先安観が消えない。石油輸出国機構(OPEC)など産油国による積極的な減産実績を材料に、相場は今週上昇する場面があった。ただ供給カットへの市場の注目は続かず、投資家は景気が底堅い米国の需給バランスを注視する。買いの勢いは鈍く、米中貿易戦争長期化による米国の景気減速への懸念が色濃くにじむ。

「高い減産率が、経済が減速する中で市場の不確実性を打ち消した」。OPECなど減産参加国は、27日の会合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン