深海生物 見て食べて 高知・室戸、オオグソクムシPR

2019/8/31 6:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知県室戸市で深海生物を新たな地域資源にしようという取り組みが始まった。官民一体で動いており、特に水族館で人気の節足動物であるオオグソクムシに注目。若手漁師は各地の水族館に供給を開始したほか、9月から深海漁船ツアーを企画する。この生き物、食べても結構いけるとあって市は食用としてふるさと納税の返礼品に加えファン獲得に躍起だ。

8月下旬の午前6時、室戸市内の漁港を出る船に乗った。行き先は港から3キロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]