工藤会襲撃、トップの初公判10月23日に 福岡地裁

2019/8/30 19:25
保存
共有
印刷
その他

暴力団工藤会(本部・北九州市)が組織的に関与したとされる襲撃事件で、福岡地裁は30日までに殺人罪などで起訴された同会トップの野村悟被告(72)と最高幹部の一人である田上不美夫被告(63)の初公判期日を10月23日に指定したことが関係者への取材で分かった。

審理されるのは1998年に北九州市で元漁協組合長が射殺された事件や、2012年の福岡県警元警部の銃撃事件など4件。地裁は6月、裁判員裁判から除外する決定をしていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]