みずほに求心力は働くか リースが占う「脱連邦」
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/8/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

多くの学校はまもなく夏休みが終わり、新しい学期を迎えようとしている。後回しにしていた宿題をこの週末に慌てて片付ける子どもたちもいるだろう。

学校ではなく企業経営の世界で、20年越しの宿題に今も悪戦苦闘しているように見える組織がある。日本のメガバンクの先駆けとして1999年8月20日に結成が発表された、みずほフィナンシャルグループ(FG)だ。

積み残してきた宿題はこの夏、ようやく1つ片付いた。歴代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]