東芝メモリHD、台湾ライトンのSSD事業を買収

2019/8/30 18:43 (2019/8/30 21:49更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体大手の東芝メモリホールディングス(HD)は30日、台湾の電子機器メーカー、光宝科技(ライトン)から記憶装置のソリッド・ステート・ドライブ(SSD)事業を買収すると発表した。買収額は1億6500万ドル(約173億円)。東芝メモリは2019年度中に株式上場を目指しており、主力の半導体メモリーと関係の深いSSD事業を強化する。

ライトンは台湾の上場企業でサーバーやパソコン、自動車などの部品を手掛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]