/

この記事は会員限定です

円高招く為替条項、消えず? 日米貿易交渉に不安

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

日米が貿易交渉について「基本合意」に達した。だが、明確になっていない要素も依然残っている。そのうち市場参加者の関心が強いのが、通貨安誘導を禁じる為替条項の扱いだ。仮に日米が締結する協定に同条項が入るなら、日銀の金融緩和政策が制約を受けかねないとの見方もある。つまり円高材料になり得るということだ。それだけに、為替条項がどうなるのかにマーケット関係者は注意を払い続けそうだ。

日米首脳が「基本合意」に達した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン