三菱マテ、AI技術の開発組織 品質・生産性向上狙う

2019/8/30 18:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱マテリアルは人工知能(AI)や機械制御の技術開発を強化するための専門組織「スマートファクトリー推進センター」を9月1日に立ち上げる。超硬工具や非鉄金属製品の品質や生産性の向上へ、データ分析による機器の異常診断システムや製品検査技術などの高度化を図る。

センターはさいたまオフィス(さいたま市)に設置する。これまで複数拠点に分散していた工場自動化(FA)関連の人員を集約し、エンジニア約20人を動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]