大人の扉開いたオニオンスープ 女優・手塚理美さん
食の履歴書

2019/9/1 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年、芸能生活50周年を迎えた女優の手塚理美さん(58)。食の細かった少女は、撮影で訪れたパリでオニオングラタンスープに出合い、料理に目覚める。その後も、時代の最先端を行く大人たちに鍛えられた。食への関心は、母になり家庭に回帰する。

カップの縁すれすれに敷きつめられたフランスパン。スプーンを差し入れると、隙間から熱々のスープがあふれ出す。それを食べたのは中学1年生の夏休み、初めての海外旅行のとき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]