次世代太陽電池、「鉛の毒性」の壁超える研究活発
「ペロブスカイト太陽電池」で材料刷新

コラム(テクノロジー)
2019/9/1 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代の太陽電池として期待されている「ペロブスカイト太陽電池」で材料を刷新する研究が活発だ。発電効率を高めるため加えてきた鉛に毒性があるため、できるだけ使わずに済む材料の探索が焦点だ。この問題を解決できれば、軽くて曲げられる特性を生かして応用分野を大きく広げていけそうだ。

軽くて曲がるペロブスカイト太陽電池は、湾曲した場所にも取り付けられるため、ビルの壁面や自動車の車体など多くの使い道が考えられ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]