サンリオ、初のお笑い芸人キャラ アニメや舞台展開

2019/8/30 16:23
保存
共有
印刷
その他

サンリオは30日、お笑いをテーマにした新しいコンテンツ「Warahibi!(わらひび!)」を始動すると発表した。サンリオとして初となる「お笑い芸人」のキャラクターが登場。プロの漫才師らが作ったネタをアニメ動画として配信するほか、声優たちがキャラになりきる「2.5次元」お笑いライブなどを開く。20代以降のアニメや漫画が好きな女性を主なターゲットとして、多メディアで展開する。

サンリオは「Warahibi!(わらひび!)」を8月30日より本格的に始動する

わらひび!は6組のお笑いコンビの日常をアニメ動画や舞台、書籍などで展開する。漫才やコントのネタはお笑いコンビ「アメリカザリガニ」や「流れ星」などが担当する。キャラクターの声や実際のお笑いライブには、総勢500人の中から選ばれた声優の沢城千春さんや堀江瞬さんら12人が務める。

サンリオの辻朋邦専務は「商品だけでなく様々なコンテンツに利用できるキャラクターにしていく」と意気込みを語った。

サンリオは大人を対象としたコンテンツを増やしており、わらひび!は「SHOW BY ROCK!!」や「サンリオ男子」に次ぐ第3弾と位置づけている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]