ザッカーバーグがほれた男 日本にまいたAIの種
華麗なるAI人脈(2)

華麗なるAI人脈
2019/9/1 2:01 (2019/9/3 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2013年秋、「AI(人工知能)のゴッドファーザー」ジェフリー・ヒントン(71)とAI革命を果たしたヤン・ルカン(59)のもとに1本の電話がかかってきた。「うちに来てくれませんか」。声の主は「ザック」ことマーク・ザッカーバーグ(35)。フェイスブック創業者だ。

【前回記事】「AIのゴッドファーザー」雌伏の30年

■ザックからの電話

ルカンは当時、ヒントンと連絡を取りながら、ニューヨーク大学でAIを研究していた。

12年の国際大会でトロント大学のヒントンのチームが圧倒的な強さでトップを取ったのをきっかけに、AIの「冬の時代」は終わりを告げ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]