食品ロス、秋にも新法 商習慣・物流見直し
賞味期限の表示変更/納入期限を緩和

2019/9/1 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食べられるものを捨てるのは、もうやめよう――。メーカー、小売りなど企業の間で、食品ロスを減らそうとする取り組みが広がってきた。5月には「食品ロス削減推進法」が成立し、今秋にも施行される。消費者や投資家の視線が厳しくなるなか、商慣習を改め、ムダのない環境に配慮したサプライチェーンづくりが問われている。(渋谷江里子)

■賞味期限表示を変更

年間1人あたりの食品ロス量は51キログラムという。コンビニエン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]