ハラスメント多様化 取引先や顧客との関係も注意
ポイント解説 働き方関連法(10)

2019/8/30 14:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が対応を迫られるハラスメントは多様化している。顧客や取引先からのセクハラやパワハラのほか、父親の育児や性的少数者(LGBT)に関わる言動など、これまで典型的とされてきた事例にとどまらないケースが増えている。インターネットなどを通じ、想定外に影響が広がるリスクも高まっており、労務だけでなく危機管理という視点からの検討も欠かせない。

ハラスメントを巡って企業は加害者となった従業員を使用していた立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]