/

この記事は会員限定です

ハラスメント多様化 取引先や顧客との関係も注意

ポイント解説 働き方関連法(10)

[有料会員限定]

企業が対応を迫られるハラスメントは多様化している。顧客や取引先からのセクハラやパワハラのほか、父親の育児や性的少数者(LGBT)に関わる言動など、これまで典型的とされてきた事例にとどまらないケースが増えている。インターネットなどを通じ、想定外に影響が広がるリスクも高まっており、労務だけでなく危機管理という視点からの検討も欠かせない。

ハラスメントを巡って企業は加害者となった従業員を使用していた立場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン