2019年9月23日(月)

非正規公務員の処遇改善なるか 来春新たな職員制度

地域総合
2019/9/2 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自治体で働く非常勤職員の多くが2020年4月から「会計年度任用職員」に移行する。地方公務員法と地方自治法の改正で設けられる新たな身分で、一般の公務員と同様に守秘義務を課す一方、期末手当を支給できるようにする。地方行革で職員の非正規化が進む自治体の現場。「官製ワーキングプア」とも揶揄(やゆ)される非正規公務員の処遇はどこまで改善するのだろうか。

人口1万4千人の長崎県佐々町。平成の大合併で周囲の町…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。