/

この記事は会員限定です

ウーバーが落ちた「知財窃盗」のワナ 自動運転にリスク

Nikkei Views  編集委員 渋谷高弘

[有料会員限定]

自動運転技術を巡る米グーグルとライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズの紛争に、日本の知財関係者が肝を冷やしている。両社は和解したものの、このほどグーグル元幹部が起訴された。自動運転など「CASE」と呼ばれる先端技術は、日本メーカーも喉から手が出るほどほしい。だが、外部から人材を招いたり、スタートアップを買収したりして導入した技術に、他社から盗んだ知財が混入すれば、思わぬリスクとなる。

グーグル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン