長男の病、見過ごし後悔(向き合う)
一般社団法人チャーミングケア代表 石嶋瑞穂さん(1)

コラム(社会・くらし)
2019/9/1 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2016年5月、当時小学2年だった長男が小児白血病を発症していることが発覚した。

4月からよく外でけがをしてくるので、何度か近くの整形外科に通院した。そのたびに異常はないと言われた。そのうち「学校に行きたくない」と言い出し、「メンタルの問題かもしれない」と感じるようになった。

スクールカウンセラーに相談しようか。担任の先生に相談していた矢先、「朝から足が痛いと訴えており、念のため病院に行きます」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]