社会の分断映す芸術祭 あいちトリエンナーレ2019
移民、ジェンダー…共感で排外主義にあらがう

カバーストーリー
アートレビュー
2019/8/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「あいちトリエンナーレ2019」が愛知芸術文化センターなどを中心に開催されている。作品の内容をめぐる激しい抗議にさらされ、企画の一部である「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止された余波は今もつづく。テーマを掲げて3年に1度開かれる都市型の国際芸術祭は、日本社会の諸相を生々しく浮かび上がらせた。

芸術祭の舞台は、名古屋市とトヨタの企業城下町である豊田市。土地柄に触発された新作を国内外のアーテ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]