/

この記事は会員限定です

社会の分断映す芸術祭 あいちトリエンナーレ2019

移民、ジェンダー…共感で排外主義にあらがう

[有料会員限定]

「あいちトリエンナーレ2019」が愛知芸術文化センターなどを中心に開催されている。作品の内容をめぐる激しい抗議にさらされ、企画の一部である「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止された余波は今もつづく。テーマを掲げて3年に1度開かれる都市型の国際芸術祭は、日本社会の諸相を生々しく浮かび上がらせた。

芸術祭の舞台は、名古屋市とトヨタの企業城下町である豊田市。土地柄に触発された新作を国内外のアーティストが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン