城崎温泉 劇作家 平田オリザ

エッセー
2019/9/5 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先週も書いたが、兵庫県豊岡市の城崎国際アートセンターでの滞在型舞台制作が続いている。

センターのある城崎温泉は、来年開湯1300年を迎える関西を代表する温泉地だ。何よりの魅力は街歩きと湯巡り。「外湯」と呼ばれる7つの公衆浴場を浴衣に下駄(げた)履きで回っていく。昔ながらの射的場なども残っている。木造3階建ての小さな旅館街を守ってきたことが、はやりの言葉で言うところの「インスタ映え」となって、若い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]