来れムスリム留学生 各地の大学が相次ぎ対策

就活
大学
2019/9/2 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

各地の大学が増加を続けるイスラム圏からの留学生への対応策を相次ぎ拡充している。イスラム礼拝室の開設や教義に合致したハラル食の導入など修学・研究環境の改善を通じて、グローバル化や大学の特色をアピールし競争に備える。ともに学ぶ日本人学生や教員にとっても異文化理解や意識改革につながっている。

金沢市郊外の山裾に広がる金沢大学角間キャンパス。校舎の階段横スペースを改造した礼拝室にはお昼の礼拝時刻になると…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]