米、レバノン金融機関に制裁 イランの送金に関与

2019/8/30 7:27
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米財務省は29日、イラン指導部からレバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラやパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスへの送金に関わったとして、レバノンの金融機関など4社を制裁対象に指定したと発表した。イランと周辺国の武装組織のつながりを遮断し、イランの中東での影響力拡大を阻止する狙いだ。

米財務省はイランから周辺国の武装勢力に対する送金に監視を強めている=AP

マンデルカー財務次官は声明で「米国はレバノン中央銀行と連携して国際送金システムからヒズボラを排除していく」と訴えた。「今回の制裁はヒズボラにサービスを提供する全ての当事者に対する警告となる」とも強調した。米国の制裁対象になると米金融機関と取引ができなくなり、米国内の資産が差し押さえられる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]