中国、香港駐屯部隊を交代 装甲車などでデモけん制か

2019/8/29 23:52
保存
共有
印刷
その他

香港を走る中国人民解放軍の車両(29日)=ロイター

香港を走る中国人民解放軍の車両(29日)=ロイター

【北京=羽田野主】中国国営テレビ(CCTV)は29日、人民解放軍の香港駐屯部隊が交代するため香港に入る映像を流した。陸軍部隊の大型トラックや装甲車が広東省深圳から香港に向かう場面や、香港の岸壁に到着した海軍部隊の模様を伝えた。香港の抗議活動をけん制する思惑があるとみられる。

交代は習近平(シー・ジンピン)国家主席が指導する軍最高機関、党中央軍事委員会の承認を得た定期的な行動としている。中国メディアによると、中国国防省の任国強報道官は29日の記者会見で「部隊の入れ替わりは計画に基づく定期的なものだ。時期もこれまでとおおむね一致している」と話した。

香港では中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回などを求める抗議活動が2カ月以上続いている。中国で治安維持を担当する人民武装警察部隊(武警)も深圳に集結しており、治安出動への懸念がでている。

ネット上では「交代と言いつつ出て行く部隊の姿がないのは不自然」「香港の抗議活動への威嚇だ」といった書き込みが相次いでいる。マカオ駐屯部隊も20回目となる定期的な交代を29日に終えたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]