データ利用「違反」に4類型、公取委 独禁法の指針案

データの世紀
2019/8/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公正取引委員会は29日、個人情報を巡る規制に向け、具体的に独占禁止法に違反する恐れがある4つの類型を示した。大量のデータを囲い込んで個人に不利益を与えるプラットフォーマーへの監視を強める。データの活用は今や企業の事業展開に欠かせない。企業にとってはデータを扱うルールを順守し、利用者の信頼を得ることが成長の必須条件になってきた。

公取委が今回の指針案の作成で力を入れたのは、強い立場を利用して個人デ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]