自動運転の要「LiDAR」、京セラが参入 量産化へ

2019/8/30 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動運転車の「目」となる高性能センサー「LiDAR(ライダー)」に日本企業が相次ぎ参入している。京セラは2020年春をメドに試作品を出荷し、25年にも量産に乗り出す。ライダーは人がほとんど操作をしない高度な自動運転に不可欠な部品とされ、欧米勢が先行しているが、価格を半額以下に抑えて巻き返す。電機・電子部品の技術を生かしやすく、日本勢が今後、高いシェアを握る可能性もある。

ライダーは半導体の一種で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]