遺伝子薬に「日本式」の壁 安い薬価、開発力そぐ

2019/8/29 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

遺伝子を体に入れて病気を治す遺伝子治療薬の公定価格(薬価)が、1回あたり60万円と決まった。株式市場は画期的な薬にしては安すぎると受け止め、開発企業の株価はここ数日で4割下がった。価格を原価からはじく日本独自の方式と、治療効果を重視する欧米との違いが出たかたちだ。薬が安いことの恩恵は大きいが、新薬開発の壁になるリスクもある。

東京・新宿のビルで28日、薬価を決める中央社会保険医療協議会(厚生労働…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]