酒飲ませ海に落としたか 殺人容疑の養父ら、千葉

2019/8/29 20:15
保存
共有
印刷
その他

千葉県富津市の港で、千葉市の内装工、宍倉拓也さん(当時23)が溺死させられた事件で、殺人の疑いで逮捕された養父の内装会社社長、宍倉靖雄容疑者(48)=同県八街市=ら3人が溺死の前夜から拓也さんに酒を飲ませていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。県警は酔わせて海に突き落としたとみて調べている。

捜査関係者によると、宍倉容疑者らは1月26日夜から、飲食店で拓也さんに酒を飲ませた後、車で現場の港に連れ出し翌27日早朝、海に落とした。その後、水難事故を装って通報。海上保安庁などが捜索し、同日午後、港の岸壁から約40メートル離れた海底で拓也さんを見つけたが、現場で死亡が確認された。

事件後、宍倉容疑者らが携帯電話の通信履歴を互いに消去していたことも判明。証拠を隠滅しようとしたとみられる。いずれも「殺すつもりで釣りに誘った」などと、大筋で容疑を認めている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]