/

この記事は会員限定です

AMのFM転換容認 ラジオ局経営改善へ 総務省

[有料会員限定]

総務省はラジオのAM放送からFM放送への転換を容認する方針を固めた。FM放送への一本化を認めることで、AMとFMに二重の設備投資がかかる状況を解消し、ラジオ局の経営状況を改善する。2023年に一部の地域で先行して始めることをめざす。日本民間放送連盟(民放連)が制度改正を要望していた。

30日に開く放送事業に関する同省の有識者会議が方針を示す。6月末時点で47社の民間AMラジオ局のうち44社がFM放...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン