AMのFM転換容認 ラジオ局経営改善へ 総務省

2019/8/30 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省はラジオのAM放送からFM放送への転換を容認する方針を固めた。FM放送への一本化を認めることで、AMとFMに二重の設備投資がかかる状況を解消し、ラジオ局の経営状況を改善する。2023年に一部の地域で先行して始めることをめざす。日本民間放送連盟(民放連)が制度改正を要望していた。

30日に開く放送事業に関する同省の有識者会議が方針を示す。6月末時点で47社の民間AMラジオ局のうち44社がFM…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]