沖縄科技大発ベンチャー、タンパク質解析で新手法 受託拡大へ

2019/8/30 6:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

沖縄科学技術大学院大学(OIST)発ベンチャー、沖縄プロテイントモグラフィー(沖縄PT、沖縄県恩納村)は新薬開発に欠かせないタンパク質の構造解析で、新たな手法を導入し、製薬会社などからの受託事業の拡大につなげる。特殊な電子顕微鏡で細かい構造を見る「単粒子解析法」と呼ばれる手法で、製薬会社のニーズに幅広く対応できるようになる。

病気の原因となるタンパク質の機能を阻害する新薬を開発するには、タンパク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]