パナソニック、サムソナイトに紛失防止タグ供給

2019/8/29 19:30
保存
共有
印刷
その他

手元から30メートル離れるとタグとスマホの両方で音が鳴る

手元から30メートル離れるとタグとスマホの両方で音が鳴る

パナソニックは29日、持ち物の紛失防止に使う小型の電子タグ「Seekit(シーキット)」を米サムソナイトのスーツケースに供給すると発表した。スマートフォンに専用アプリを入れると、タグをつけたスーツケースが30メートル離れた時点で通知する。旅行用荷物へのタグ普及を目指す。

サムソナイトのアジア法人と組み、日本や中国、シンガポールなどで販売される新作スーツケースに搭載する。シーキットは五百円玉ほどのサイズで厚さ3ミリメートル。手元から30メートル離れるとタグとスマホの両方で音が鳴る。30メートル以上離れた場合、別の利用者の30メートル圏内に入ると、その利用者に通知する。利用者が多いほど見つけやすくなる。

英調査会社のテックナビオによると、旅行用荷物の追跡需要の市場規模は2021年に1億1600万ドル(約120億円)と16年比12%増える。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]