オリックスが「電力の産地」証明 東大と開発

2019/8/29 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オリックスは東京大学と、太陽光など再生可能エネルギーの「電力産地」を記録するシステムを開発する。データを改ざんできないブロックチェーン(分散型台帳技術)上に発電した場所や発電事業者を記録。電気を買った企業にデジタル証明記録を発行する。環境配慮型の経営を後押ししそうだ。

新システムは数年以内に実用化させる計画だ。企業はどの発電所から、どんな再生エネルギーをどれだけ買ったか、取引する発電量ごとにデジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]