日韓外務省局長が会談 元徴用工問題、協議継続で一致

2019/8/29 19:15
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=島谷英明】外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は29日、ソウルで韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と会談した。約3時間の会談では元徴用工訴訟をめぐる問題に多くの時間を割き、金杉氏は韓国側に国際法違反の状態の是正を改めて要求した。韓国側は従来の主張を繰り返したとみられるが、引き続き外交当局間で協議を継続していくことで一致した。

29日、ソウルの韓国外務省に入る外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(手前)(共同)

韓国が破棄を通告した日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関して、金杉氏は韓国側に「懸命な対応」を求めた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が29日に島根県の竹島(韓国名・独島=トクト)について「日本は自身の領土と主張している」などと発言したことに対しては、厳重に抗議した。

一方、韓国外務省の発表によると、金氏は日本が28日に軍事転用の恐れが低いとされる製品を自由に輸出できる「グループA(旧ホワイト国)」の対象国から韓国を除外したことに抗議し、早急な撤回を求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]