広島―バンコク、12月LCCが就航へ

2019/8/29 19:48
保存
共有
印刷
その他

広島県は29日、タイの格安航空会社(LCC)ノックエアが広島空港(広島県三原市)とタイ・バンコクのドンムアン国際空港を結ぶ定期便を12月18日から就航する見通しになったと発表した。便数は週に3往復。国土交通省への手続きを進めており、実現すればタイの定期路線は10年ぶりに復活する。双方のビジネス客や観光客などの交流が増えることにつながりそうだ。

エアアジア、ノックエアなどLCCの機体が並ぶドンムアン空港(タイ・バンコク)

ノックエアはタイ国際航空が出資して設立されたLCC。日本で定期路線を持つのは初めてとなる。広島空港では香港やシンガポールなど6つの国際線が就航しており、今回で7つ目となる。広島県の湯崎英彦知事は「直行便就航を契機に、さらなる誘客、新たな交流促進やビジネスチャンスにつながることを期待する」とのコメントを出した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]