音を感じるヘアピン型デバイス 福祉にも娯楽にも

コラム(テクノロジー)
2019/9/13 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は振動と光で音を感じることができるユーザーインターフェース「Ontenna(オンテナ)」を発売した。聴覚障害者のニーズを何度も聞き取ったうえで、障害の有無にかかわらず皆で楽しめるものとしてデザインした。ユーザー自身が拡張できる「ハッカブル」なデバイスを目指す。

オンテナはヘアピンのようなクリップ型で、髪の毛や耳たぶ、襟元、袖口などに付けて使用する。本体にマイクが付いており、約60~90デシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]