宇都宮市、商店街にLRTフラッグ

2019/8/29 18:52
保存
共有
印刷
その他

宇都宮市は2022年3月の開業に向け整備中の次世代型路面電車(LRT)をPRするフラッグを商店街のオリオン通りに掲示した。市内でも人通りの多い商店街の両側に計76枚を掲げ、市民の認知度向上を図る。31日には一角でLRTのルートや開業後の交通ルールなどのパネル展示も催す予定だ。

商店街の両側にLRTをPRするフラッグを掲示した(宇都宮市のオリオン通り)

フラッグは2種類用意した。「あなたと進む、未来がある。」「みんなで行こう、明日へ行こう。」というメッセージと車両デザインをあしらった。大きさは縦2.4メートル、横90センチメートル。

LRTはJR宇都宮駅東側から芳賀町の工業団地までの14.6キロメートルを優先整備区間として工事している。オリオン通りは駅西側の中心市街地にあるが、市全体で盛り上げるためフラッグを掲出することにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]