古関裕而さん効果で誘客に挑む 福島市
地方創生 気になる現場

2019/8/29 18:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年春にスタートするNHKの連続テレビ小説が、福島市出身の国民的作曲家、古関裕而さんと妻の金子さんをモデルにした「エール」に決まった。19年は古関さん生誕から110年。古関さん「効果」で、ゆかりの地・関連施設などで観光客も急増している。市は20年に市内で一部競技が開催される東京五輪とも絡め、誘客に生かしたいと取り組んでいる。

古関さんは1909年(明治42年)、福島市中心部に位置する大町の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]