東北大と新潟食料農大、牛の胃液で発電 ガス生成

2019/8/29 18:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北大学と新潟食料農業大学(新潟市)などは牛の胃液を使った発電システムを開発した。胃液で溶かした植物を発酵させてメタンガスを生成して発電に使う。農作物収穫後の葉や茎を材料に使えば、農家の廃棄物処理費用の削減につながる。胃液の調達先となる食肉処理場は胃液処理費の削減が期待できる。今後は胃液の品質を維持する手法を確立して、民間での実用化を目指す。

新たな発電システムは廃棄物処理業のクレハ環境(福島県…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]