宝の山、行政データを掘り起こせ 渡辺安虎氏
東京大学教授

エコノミスト360°視点
2019/8/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「エビデンス(証拠)に基づく政策立案」(EBPM)と呼ばれる考え方がこの数年普及してきた。EBPMの4文字は安倍晋三首相の国会答弁に4回も登場しているようだ(8月16日付本紙夕刊)。EBPMの取り組みは中央政府だけでなく地方自治体にも着実に広がりつつある。

このEBPMにとって肝となる政府の持つデータについて考えたい。参考までにデータをフル活用するIT企業を考えてみよう。これらの企業では自社サイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]